Google

 
  ジャーナリスト・栗野良
独自の視点で語る辛口評論
(このページの著作権はジャーナリスト栗野良にあり、一切の無断転載・引用・コピーを禁じます)


『栗野的視点』(ID:0000138716)はまぐまぐからも配信しています。
希望者は下記に メールアドレスをご記入下さい。

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム

                                           

栗野的流通戦争の読み方  


No.467:なぜジーンズメーカーは相次ぎ経営破綻したのか。(6)〜時代は大から小へ向かう 
No.467:なぜジーンズメーカーは相次ぎ経営破綻したのか。(6)〜時代は大から小へ向かう 
No.467:なぜジーンズメーカーは相次ぎ経営破綻したのか。(5)〜環境の変化に対応できなかった 
No.467:なぜジーンズメーカーは相次ぎ経営破綻したのか。(4)〜旧態然とした流通と内向きの発想 
No.467:なぜジーンズメーカーは相次ぎ経営破綻したのか。(3)〜低価格ジーンズに負けた? 
No.467:なぜジーンズメーカーは相次ぎ経営破綻したのか。〜日本の製造業が抱えている課題、問題点(1)(2) 
No.459:大型店に流れる消費者を、地元小店舗に呼び戻すには(5) 〜商店街や小店舗にこそチャンス
No.459:大型店に流れる消費者を、地元小店舗に呼び戻すには(3)(4) 〜消えた消費者への対応
No.459:大型店に流れる消費者を、地元小店舗に呼び戻すには(2) 〜郊外型大型店が抱える弱点 
No.459:大型店に流れる消費者を、地元小店舗に呼び戻すには(1) 〜進む中堅スーパー同士の合併
消えた消費者を求めて模索する小売業(2)〜高齢者の安否確認サービスも 
消えた消費者を求めて模索する小売業(1)〜視覚障害者の自立支援と買い物弱者支援がドッキング 
飽和時代の商品欠乏化(3) 必要なのは商品と同時に「楽しさ」を運ぶ移動販売
飽和時代の商品欠乏化(2) 福祉タクシーに相乗りし、買い物に行く人達 
飽和時代の商品欠乏化(1)  「商品の欠乏化」は2種類存在する。
流行る店、流行らない店はどこが違うのか。(2) 
流行る店、流行らない店はどこが違うのか。(1)  
チャンスロスをなくせば、売り上げは3倍になる。 
No.356:勝利の方程式〜「農村」戦略で伸びる企業・コメリ(2) 
No.356:勝利の方程式〜「農村」戦略で伸びる企業・コメリ(1) 
迷走するベスト電器、再生はなるのか(2)  
迷走するベスト電器、再生はなるのか(1)  
突如、店頭に復活した「麦の薫り」、その背後に見えるのは 
イオンの「反省」は本当か、それとも単なる客寄せ戦術か。(2)  
イオンの「反省」は本当か、それとも単なる客寄せ戦術か。(1)  
理由あり商品が人気な理由  
街からコンビニが次々に消えていく  
AOKIの進出で激化する九州紳士服戦争(2)   
AOKIの進出で激化する九州紳士服戦争(1)   
伊勢丹、小倉から撤退。重荷を背負った井筒屋は今後どうする。 
ボンラパスのイートイン「ボナパティ」がメニューを変更した理由 
当初見込みが外れたボンラパス花畑店     
ハローデイ、ボンラパスを福岡市花畑に出店 
創業者と後継者の確執〜フタタの選択をどう見るか(2)   
フタタの選択をどう見るか(1)   
コンビニ経営、裏に回ってみれば残酷物語        
流通実践講座2:商品を使っているシーンを想像させる。  
流通実践講座1:モノ語りをしよう。   
ネーミングで巻き返しに出た「好きメグ」  
カラー戦略で失敗したメグミルク  
仏カルフール日本から撤退。
天神デパート戦争の行方・新地下街オープン後
天神のデパートは地下街延伸でどう変わったか。
天神地下街延伸でどう変わる。
荒海に漕ぎ出せるか「BiVi福岡」
産業再生機構の活用について
ちょっとおかしいダイエー包囲網
どうなる、ダイエーの行方?
アウトレットモールについて寄せられた読者の意見
Mr.MAX撤退で露呈したFJ都市開発の中途半端な戦略
販売力の回復が問題
セルフスタンド急増の背景と石油業界の苦しい裏事情(後)
セルフスタンド急増の背景と石油業界の苦しい裏事情(前)
焼酎ブームの背景を探る
変身した岩田屋伊勢丹

ゴルフ場が危ない!


「日本のゴルフ場が危ない!」(海鳥社刊)

飯能くすの樹CCに「守る会」発足
会員権が紙くずになる時代がやってきた。
若木ゴルフ倶楽部会員の預託金返還闘争
誰のためのゴルフ場かを考えれば再建の道筋が見えてくる。
会員主導でゴルフ場を買い取り、スポンサー企業を探した沖縄・嵐山GC

福岡ホテル戦争


福岡ホテル戦争(1) 生き残りを賭けた熾烈な戦いの幕開け
福岡ホテル戦争(2) ホテル戦争の言葉にピリピリする業界
福岡ホテル戦争(3) キャナルシティの影に怯える業界<
福岡ホテル戦争(4) 個性化で生き残りを図る異業種参入組
福岡ホテル戦争(5) ついに登場したカテゴリーキラーホテル
福岡ホテル戦争(6) グランド・ハイアットは地域1番店になれるか!
福岡ホテル戦争(7) 福岡ワシントンホテルの運営システムに学べ!
福岡ホテル戦争(8) 
福岡ホテル戦争番外編

福岡の将来を描いた二つの都市開発構想 注目

昭和18年と24年の大福岡構想がもし実現していれば(博多駅の移転、区政の導入などは実現)、福岡の街は今とはもっと違って交通渋滞も緩和されていたはずだ。


トップページに戻る


ひかりTVショッピング

ロコンド 日本最大級の靴とファッションの通販サイト

パソコン工房 CrioSmartLock

デル株式会社