パスワード・ボス Premium無期限版 3台用

 


N の 憂 鬱-3
〜二階から落下する(1)〜


Kurino's Novel-3                    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Nの憂鬱〜二階から落下する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇二階から落下する

 真っ青な空だったーー。病室のベッドの上で先程見ていた景色を思い出していた。あの空は本当にあんなにきれいな青空だったのだろうか。それとも夢の中の景色なのか。鳥は、たしかに飛んでいた。空高く。だが、あんなに空高く飛べるものだろうか。
 Nも宙(そら)に浮いていた。あの時、Nは間違いなく鳥になって飛んでいた。宙に浮かび、あの鳥の側まで飛んで行こうとしたのだ。行けそうな気がした。だが、手を伸ばして鳥を掴もうとした時、景色がゆっくり変わり始め、身体が後ろに回転しているように思えた。でも、宙に浮いている時、本当に心地よかった。楽しかった。
 目の前に映し出される光景は映画館でスクリーンを見ているようだった。あの時、Nは自分が二人いたように感じていた。宙に浮かんでいるNと、そのNの姿を見ている自分の二人が。どちらが本当の自分なのだろう。宙に浮いている方が本当で、それを見ていた方は幽体を離脱した意識だったのか、それとも二人とも自分の意識が創り出したものだったのだろうか。
 今思い返してもよく分からなかった。だが、と思う。もしかすると、これが臨死体験、あるいは臨死体験に近いものだったのか、と。強い光りに包まれたり、きれいな花畑の中を歩いたりはしてなかったけど、いい知れぬ心地よさを感じていたのは事実だ。ずっと、このまま飛んでいたかった。だが、鳥の側に行こうと手を伸ばしかけたら景色が遠ざかり、鳥が視界から消えて行った。

 次の瞬間、地面に叩きつけられたような衝撃を背中に受け、「うっ」と呻いた。何かが変わったらしい。人の声がし、何人かが駆け寄って来ているようだった。そのうち誰かに頭を抱きかかえられ、膝の上に載せられた。ああ、なんて心地いいんだろう。被っていたヘルメットを外され、頬のあたりに柔らかい肌の感触を覚えた。抱えてくれているのはどうやら女性らしい。目は閉じたままで、相手の顔は見えなかったが、20歳前後の女性でないことだけは不思議と感じ取れた。もう少し肉付きのいい、そう30代半ばか後半くらいの女性のように思えた。
 ああ、このまま死ぬんだろうか。こんな所で死ぬのは嫌だ。何か言葉を残さなければ。言葉を探したが、何も浮かばなかった。
 「板垣死すとも自由は死せず」。ふいに板垣退助が暴漢に襲われた時に発したとされた言葉が浮かんだ。実際には板垣自身の言葉ではなく、後に作文された言葉というのが真実らしいが、最後に発した言葉は後々まで残る。何か、何かいい言葉はないか。女性の温もりを感じながら、頭の中は言葉を探してぐるぐる回転していた。
 「こんな所で死にたくない」
 やっと発した言葉はなんとも絵にならない、つまらない言葉だった。言ってすぐ後悔した。情けなかった。「もう少し気の利いた言葉が言えないのか」。その状況を眺めていたもう一人の自分に怒られた。才能のあるなしはこんな時に現れる。
 「大丈夫、死にはしないから」。頭の上で強い声が聞こえ、抱えている腕に力が加えられたのを感じた。その後のことは覚えていない。気が付くと病院のベッドの上にいた。

 あの日、N達はいつものように校舎の二階窓から外に出ようとしていた。一階は机や椅子を置いて形ばかりのバリケードを築いていたから、出入りは二階の窓から縄梯子を使って行っていた。
 占拠した校舎の中庭前にはいわゆる一般学生達が集まり遠巻きに眺めている。毎日午後になると二階から降りて、遠巻きにしている学生達の前でアジ演説をしたり、彼らの前でジグザグデモを繰り返すのが、このところ毎日行っていた行動だった。
 内部に立て籠もっていたのは20人程度だが顔触れは時々入れ替わった。そしてその日も新しい顔触れが一人加わっていた。
 「よし、降りるぞ。いいか」
 いつものように中で縄梯子を押さえている人間に声を掛けて、片足を梯子に乗せ、押さえ役の顔を見た。その朝、中に入ったばかりの新顔だ。大丈夫か。一瞬不安が過ぎったが、ハンドマイクを肩に掛け、片方の手で縄梯子を掴み、乗せた片足に力を入れ安全を確かめた。
 うん、大丈夫。続いてもう片方の足を乗せた瞬間、縄梯子は上の方からフニャと崩れてきた。下の窓枠に梯子の踏み板の部分を固定させ、力を加えて押さえ付けておくのだが、「新顔」のYは要領をよく理解していなかったのか、力の加え方が弱かったのか、縄梯子はまるで軟体動物のように、上からだらしなくフニャと落ちてきた。
 訳が分からず、あっという間もなく、Nは肩にハンドマイクを掛けたまま縄梯子もろとも二階から落下した。

 前日雨が降っていたのが幸いした。いつもは拒否するように固く固まった土が湿り気を帯び、ほんの少しやさしく包むように受け止めてくれたお陰で腰を痛打したにもかかわらず骨折もなく、下半身不随にもならず、肩から下げていたハンドマイクの上に左脚をしこたま打ち付けたぐらいのことで済んだ。

 「元気そうじゃないか。てっきり下半身不随になっているだろうと思い、下の世話をしてやらんといかんだろうと思って来たけど、この分なら大丈夫だな。だけどお前さんのためには下半身が役に立たなくなった方がよかったと思うが」
 入院二日か三日目に見舞いに来てくれた友人が笑いながらからかい、持ってきた果物を置いて帰っていったが、言葉の上だけだったとしても、下の世話をしてやらなねば、と言ってくれた気持はとてもうれしかった。
                                                  (3-2)に続く
 


(著作権法に基づき、一切の無断引用・転載を禁止します)

トップページに戻る Kurino's Novel INDEXに戻る



ZERO ウイルスセキュリティ